その他 / 講演会・講義

「文脈」でみる大阪の現代建築 [ナカノシマ大学2017年1月講座]

開催日・期間
2017年1月13日(金) 7:00PM〜8:30PM頃(開場6:30PM〜)
開催場所
グランキューブ大阪(大阪国際会議場)
イベント内容
自由な発想と挑戦に満ちた大阪の現代建築。
それぞれの文脈を知り、多様な見方を手に入れる。

講 演/倉方俊輔(大阪市立大学准教授・建築史家)
くらかた・しゅんすけ
1971年東京都生まれ。大阪市立大学准教授・建築史家。近現代の日本の建築が専門。
東京生まれらしい客観的な視点から、大阪建築の魅力を捉える語り口には定評がある。

 レトロな近代建築に比べ、大阪の現代建築は意外に語られることが少ない。現代建築では、技術の新しさや空間の豊かさなどがキーになっていることが多いため、わかりづらいという印象なのだろうか。キャッチーな見た目の建築だけがもてはやされている感もある。
 建築は時代を映す。ならば、現代建築もまた、都市としての大阪の時代の特徴を捉えているはずだ。 今回は建築史家の倉方俊輔さんに、大小さまざまな建築を取り上げてもらいながら、現代建築の見どころを語ってもらうと同時に、時代と共にある文脈を考えてみる。
 会場は黒川紀章設計のグランキューブ大阪(大阪国際会議場)。このテーマにぴったりの中之島を代表する現代建築だ。

◎受講料:2,000円
◎定員:200名
◎主催:ナカノシマ大学事務局
◎協力:株式会社大阪国際会議場
◎お問い合わせ:
ナカノシマ大学事務局(株式会社140B内)
TEL06-4799-1340