まちづくり

アートエリアB1のNEXT10 ─駅を超える試みから創造的な島の活動へ─

開催日・期間
日時: 2017年10月20日(金)19:00〜21:00(18:30開場)
開催場所
アートエリアB1(京阪電車中之島線「なにわ橋駅」地下1階コンコース)
イベント内容
アートエリアB1は来年で開館10周年を迎えます。新線工事現場における社会実験「中之島コミュニケーションカフェ」を経て、大学の知、アートの知、地域の活力を集結した駅を超える新たな駅の試みを展開しています。また、アートエリアB1が位置する中之島は、日本の近代化を象徴する歴史的建造物や公園、文化施設・企業本社・メディアなどの都市機能が集中しています。これらは、パリのシテ島、ドイツのミュゼウムス島などと似て非なる可能性に満ちているといっても過言ではありません。そこで、駅のコミュニティースペースをHUBにした中之島の各所とのネットワーク形成や都市魅力創造について、アートエリアB1の関係者が一堂に会し、次の10年のビジョンについて語り合います。

●登壇者
小川 哲生(大阪大学 理事・副学長)
大谷 燠(NPO法人ダンスボックス理事長)
服部 滋樹(一般社団法人アートエリアビーワン副理事長、graf代表)
江藤 知(京阪ホールディングス株式会社 経営統括室 事業推進担当 部長)
●進行
文、木ノ下智恵子、久保田テツ、塚原悠也(ア—トエリアB1運営委員)
●定員
50名程度