サイエンス

プラネタリウム「注目!火星大接近」

開催日・期間
2018年6月1日(金)~9月2日(日)
開催場所
大阪市立科学館 プラネタリウムホール
イベント内容
今年2018年は、火星がとても地球に近づく「火星大接近」が起こる年です(15年ぶり)。大接近の時の火星は、とても明るく輝いていて夜空で目立ちますし、望遠鏡があれば、表面の模様を観察できるチャンスです。火星にも季節の変化があり、火星の季節によって、火星の南極や北極にある氷の大きさや表面の模様の見え方が変わることが知られています。大接近の火星はどんなふうに見えるか、プラネタリウムでご紹介します。
※星座の解説もします。

[定  員] 各回300名(先着順)
[所要時間] 約45分間(入替制)
[観 覧 料] 大人600円 / 学生(高校・大学)450円 / 3歳以上中学生以下300円
       ※2歳以下で席を使用する場合は300円
[休 館 日] 毎週月曜日(休日の場合は翌平日)※8月13日(月)は開館
       臨時休館日:5月29日(火)~5月31日(木)、9月3日(月)~9月10日(月)